長靴デビューはいつ?1歳児に長靴はいらない!?~日々時間に追われるシングルマザーが選ぶ育児グッズ~

育児グッズ

子どもは天気なんてお構いなしに外へ出たがり、歩きたがりますよね。
無論、うちの子もそうでした。

そんな時、必需品とも言えるグッズが「長靴(レインブーツ)」です。

もしかしたら、レインコートや傘よりも子供には必要かもしれません。

なぜなら、長靴は晴れてきた時も水たまりという子どもには魅力的なお土産を置いていくので天気が悪い時以外でも使用することがあるからです。

何歳からレインブーツを履かせたらよいのか、よく言われているのは、1歳半~2歳といわれています。私も外でよく歩くようになってきたらレインブーツは必要だと考えているので、我が家もだいたいこのくらいの時期でした。

しかし、長靴って歩きにくそうだし、子どもの足のサイズはすぐに大きくなっちゃうのが悩みどころ。一体いつから長靴を履かせたらいいのか悩みますよね。

そこで今回は、
・長靴は必需品な理由
・長靴を選ぶ時のポイント
・おすすめのレインブーツ
・娘と私の雨の日体験談
を日々時間に追われ無駄なことが大嫌いなシングルマザーが語ります。

スポンサーリンク

長靴デビューは1歳半~2歳が多い!

長靴デビューは外でも歩くようになってからの場合が多いです。
だいたい年齢的には1歳半~2歳。靴のサイズとしては13cmになった頃ぐらいでしょうか。

私としては、歩くようになったら長靴は買うべきアイテムだと思います。
その理由としては、3つあります。

長靴が必要な理由1:洗濯物を増やさない

子どもというものはなぜだか、そこにみずたまりがあればとにかく、水たまりに入りたがります。
普段履いている靴で入ってしまうと、靴、靴下、ズボンの裾が濡れますよね。
そして、場合によっては泥だらけにもなります。

正直、雨が降るような天候の悪い日に洗濯物が増えるのは辛くないですか?
靴下、ズボンならまだしも、靴なんて早々簡単に乾きません。

さらには、汚されたくないものを汚された時、イラっとしたり疲労感に苛まされたりいいことはとにかくありません。

だったら、最初からなるべく洗濯するものを減らす為にも長靴は必要だと考えます。

長靴が必要な理由2:登園時にさっと子どもを預けられる

保育園や幼稚園へ登園する道で水たまりに入ってしまうことや、雨が染みて靴や靴下がぬれてしまうということがあります。

例え車で登園している場合でも、車に乗り込むまでに水たまりへ入ってしまうということも考えられます。

そうなった場合、靴下を取り替えることになりますよね。
朝の忙しい時間に、靴下を取り替えさせてから通勤なんて中々時間の無駄です。

また、一日濡れて靴下を持ち歩くのもイヤですよね。

朝の忙しい時間にサッと子どもを預ける為にも、短時間であっても濡れない工夫をするべきだと思います。

長靴が必要な理由3:雨の日にしかできないことがある

そんなにイヤなら雨の日に意地でも外に出さなきゃいいじゃんという意見もあります。

ですが、雨の日にしかできないことを体験させてあげるのも大切ですよね。

例えば、カタツムリを見つけるとか、雨の日に蝶々は飛んでいないというのを見つけることも子どもにとってはいい経験になるかと思います。

長靴デビューが多いとされる1歳半~2歳は、好奇心が旺盛な時期でもあります。

大人がいくら気をつけていても好奇心が勝ってしまいます。そんな時、できる限りイライラとガッカリを抑える為にも、雨の日の長靴は必須になってきます。

子どもの長靴を選ぶ時のポイント

せっかく買うのだから、できれば喜んで履いてもらいたいですよね。

ということで、ポイントを3つにまとめてみました。

長靴を選ぶポイント1:サイズは0.5~1cmぐらい大きいものを選ぶ

毎日履くものではないので、大きいのを買って長く履きたいと思う親御さんも多いと思います。

確かにその気持ちは分かるのですか、大きすぎると歩きにくく転びやすくなってしまいます。また、歩き方もおかしくなってしまいますので大きすぎるものは避けましょう。

また0.5~1cm程度大きいものを買った場合も、歩きにくいようであれば中敷を購入し調整しましょう。

長靴を選ぶポイント2:丈は短い方がいい

保育園や幼稚園の下駄箱は高さが予め決まっています。あまり長いものですと入らない場合があるので注意です。

また、子どもは何かを見つけるとよくしゃがみますよね。雨の日も同じです。むしろ雨の日の方が新しい発見があってしゃがむことが多いかもしれません。

そんなしゃがんだ時に、丈が長いとしゃがみにくかったり、転んでしまう原因にもなります。

跳ね返りの心配もありますが、使いやすさを考えれば丈は短い方がいいでしょう。

長靴を選ぶポイント3:軽いものを選ぶ

まだまだ小さな身体なので、重いと歩きにくく、転んでしまう危険性もあります。

また、歩きにくいと歩くスピードも遅くなってしまいます。疲れてしまい「抱っこー」となる原因にもなりかねます。

なるべく、軽めの歩きやすいものを選びましょう。

長靴を選ぶポイントおまけ:デザインも大事

もちろん履き心地が1番大切ですが、デザインだって重要です。

特に女の子は例え1歳半でも女の子なんです。
自分のお好みでないと中々履いてくれないということもあります。(←うちの娘)

色やマークなども大切なポイントです。

長靴デビューにオススメなレインブーツ3選

stampleスタンプル レインブーツ


スタンプルレインブーツの詳細はココをクリック!

13cmサイズの長さ:約14.5cm
13cmサイズの重さ:約250g(両足)

子ども用レインブーツとして人気のスタンプル。
色も9種類と豊富で、シンプルなデザイン。
だからコーディネートもしやすく、どんな服にも合わせやすいのもいいですね!

口コミを見ると中敷きを一緒に購入されている方が多いようです。
スタンプルインソール(中敷)はこちら

OMNESオムネス キッズレインブーツ


OMNESキッズレインブーツの詳細はココをクリック!

13cmサイズの筒丈:12.5cm
13cmサイズの重さ:240g(両足)

北欧カラーと言われるちょっと淡い感じの色もあり、オシャレ。(パープルはわりと濃い)
厚さもあり丈夫な作りではあるものの、口コミでは柔らかいと評判です。

todosトドス キッズレインブーツ


Todosトドス キッズショートレインブーツの詳細はココをクリック!

コスパで選ぶならトドスのレインブーツ。
税込で1,000円で購入できる長靴です。しかも送料無料(2019年5月11日現在)
14cmから販売されているのですか、残念ながら14cmサイズの長さや重さは調べてもでたきませんでした。
ですが口コミを見ると、重さ長さとも特に問題はなく高い評価となってます。

すべりにくいよう底はでこぼこになっていたり、両足にネームタグがあるなど安全面、使いやすさともに値段以上だと思います。

個人的には、無駄になってしまう靴を出した後の空箱を道具箱にしたり、文具入れにできそうでそこもいいなと思ってます。

スポンサーリンク

娘と私の雨の日散歩体験談

うちは雨の日は保育園まで歩いて行きます。

葉っぱについた水滴を見たり、水溜まりに入ったり、滑りやすい坂道はより慎重に歩いたりと雨の日しかできないことをして保育園に行きます。

時間はかかるし、少々疲れたもしますが、平日は中々遊びに連れていかれないワーママな私と娘には楽しい時間でもあります。

面倒だからやらせたくないと思うのはかんたんですが、少しは我慢をさせずに楽しむことも大切だなと実感してます。

これから梅雨に入りますが、雨対策をしっかりして雨を楽しんでくださいね。

profile

Thank You

のほこ

結婚に夢を抱いていた所から急転直下!未婚シングルマザーに。
胎児認知、養育費調停などを経験をする。
幸せは与えられるものではなく、生み出すものだと実感。
基本ポジティブ☆後で悔やまなければ後悔にはならない精神で今日も生きてます!

のほこをフォローする
育児グッズ育児・子育て
スポンサーリンク
女の幸せってなんですか?

コメント